スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エノテーカ ピンキオーリ @名古屋

  13, 2017 07:17
エノテーカ ピンキオーリ @名古屋 (Enoteca Pinchiorri @Nagoya)


どもども、Sukeであります。
名古屋編その4。
今回の名古屋旅行のメインであります。
実は今は亡き、銀座のピンキオーリで結婚式を挙げました。
10周年って事で、名古屋のピンキオーリを訪問いたしました。


gm_jp_0117s001.jpg
写真の中には懐かしい銀座店の写真が。
重厚な造りだった銀座店に比べ、名古屋てんはかなりモダン。海外の高級レストランって感じですね。


gm_jp_0117s003.jpg
42階って事もあり、夜景はかなり綺麗なものです。
名古屋が見渡せますね。


gm_jp_0117s004.jpg
銀座におりましたバッカス像は名古屋に写っておりました。
結婚式のひな壇の背後には、彼等が鎮座されておりました。10年ぶりの再会ですな。


gm_jp_0117p001.jpggm_jp_0117p002.jpg
ウェルカム泡はロゼですな。
写真がブレてしまいましたが、Menu Degustazione ¥15000 をいただきました。
合計10皿のコースであります。


gm_jp_0117s006.jpg
エノテカピンキオーリというリストランテを、飛び抜けて素晴らしくしているのがこのワインのテイスティングコースであります。
10数年前、私はこのテイスティングコースでワインの素晴らしさに目覚めました。
こんな感じで予算と料理に合わせ、実質的にはフリーフローでワインをサーブしてもらえます。
パッと見、料理より高いので躊躇してしまうのですが、ワインを一定以上呑める方には間違いなく元が取れる(貧乏臭いですが、、)と断言できますよ。


gm_jp_0117p005.jpg

gm_jp_0117p003.jpggm_jp_0117p004.jpg
Pomino Benefizio Castello di Pomino 2015
まずはトスカーナの白がサーブされました。
重厚な味わいから林檎、桃のフルーティさを感じる。少し時間をおいて熟成感を出しても面白そうな白でした。


gm_jp_0117p009.jpg
牛肉 ウナギ 雲丹 フィレンツェスタイル。
やはり名古屋という土地はウナギなのでしょうか?
この3つの素材の組み合わせは初体験ですね。ちょっとずつですが、各々の質が高いですな。


gm_jp_0117p006.jpggm_jp_0117p010.jpg
Bourgogne Rouge Coche Dury 2012
ブルゴーニュきました。
白ワインが有名なコシュ デュリ のルージュであります。
ブラックベリーにスパイシーさ。タンニン強めな印象。もちろん香りは素晴らしい。


gm_jp_0117p011.jpg
真鱈フィレ 大和丸茄子とパプリカのアッリオオーリオ ペペロンチーノ。
やはりニンニクってのは食欲を奮い立たせてくれますね。
鱈がプリプリしておりとても絶品な火入れでありました。感心。


gm_jp_0117p007.jpggm_jp_0117p013.jpg
Percarlo 1997 であります。
サンジョベーゼ100%なスーパータスカン。
力強い完熟感に果実味。濃縮な赤でありますね。それでいて気品もあります。


gm_jp_0117p012.jpg
手打ちスパゲティ 小川原湖産天然モクズガニ。
やはりピンキオーリといえば手打ちパスタを楽しみたいですね。
スパゲティは散々食べますが、家庭じゃ出せないこの美味しさ。特別な食事をしている気分を盛り上げてくれますね。


gm_jp_0117p008.jpggm_jp_0117p016.jpg
Chateau Le Pin 1999。
おおおおぉ、訳あって、なんとル・パンが。
ご存知、年間生産量が500ケースという超希少ワイン。最高位のポムロールの1つと言っても過言ではないでしょう。
もー気持ちが名前負けしてしまい、冷静にテイスティングはできませんが、よく聞く"エキゾチックさと完熟感のあるモカやトースト"みたいな感じは良く理解できました。
でもね、価格相応かと言われれば経済状況によるんでしょうが、間違いなく美味しかったです。これがワイン界、特にメルロー100%でトップに位置付けられるワインの味なのね、と。
本当にエノテカピンキオーリさん、訪問の度にワインを勉強させていただきます。
当然ですが、一本呑み干しました。2度と無いかもしれない体験であります。


gm_jp_0117p014.jpg
シャモロックを詰めたラビオリ ペコリーノチーズのフォンドゥータ。
濃厚な鶏の味わいが素晴らしいですな。ワインが進む味わいです。


gm_jp_0117p015.jpg
カカオ風味の鴨胸肉 安納イモのトルティーノ エスプレッソコーヒーの香り。
おお、なんと素晴らしい火入れでありましょうか。
エスプレッソとの香りの合わせはとても新鮮で美味しゅうございました。


gm_jp_0117p017.jpggm_jp_0117p019.jpg
厳選した各地のチーズ, お口直しのデザート。
さてさて、チーズもとても濃厚で香り高い。ワインを飲み干してしまいますなぁ。


gm_jp_0117p020.jpggm_jp_0117p021.jpg
ラズベリーのスフォリアティーナ ココナッツのジェラート ヴァニラのクレーマ。
イタリアらしい赤いデザートであります。
そして最後は結婚10周年でいただいたケーキをサーブしていただきました。


gm_jp_0117p022.jpggm_jp_0117p023.jpg
小菓子。
エスプレッソと一緒に小菓子をば。
全て美味しそうなので迷ってしまいますな。っと、全て満喫いたしました。

思い出のレストランなので、どーしても思い入れが出てしまいますが、やはり裏切られる事のないリストランテでありますな。
特にワインを楽しむ事に関して、未だにここ以上のレストランを知りません。
勿論実際の支払総額は安いとは言えませんが、ここで得られる体験はプライスレスであります。

名古屋店はとてもモダンでビジネスユースにも使い勝手が良さそうなでありました。
反面、無くなってしまった銀座店が偲ばれる事も事実であります。
次の記念日には、フィレンツェの本店に行きたいもんですな。
お試しアレ。


場所:
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア 42F
行き方:
名古屋駅から徒歩1分
時間:
11:30am-1:30pm, 5:00pm-11:00pm (ラストオーダー8:00pm)
定休日:無休(ビル休業に準ず)
Tel :
+81 52 527 8831
HP:
Enoteca Pinchiorri
ランキング参加中!!クリックして応援お願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。