FC2ブログ

専業・駐夫の憂鬱

シンガポール、行徳での主夫生活を経て、今度はサクラメントで駐夫。

ラ ピカーダ デ トレス @浦安

ラ ピカーダ デ トレス @浦安(LA PICADA de tres @Urayasu)

gm_chiba_0115s001.jpg
どもども、カピカピなSukeであります。
乾燥が酷いですね〜、この季節は手湿疹が困りものです。水仕事の多い主夫病でありますな。
本日はオイルの潤いを求め、浦安のスペインバルでディナーしてまいりました。


gm_chiba_0115p001.jpggm_chiba_0115p002.jpg
ワインはかなり充実しておりました。
Matsu El Picaro ¥4000台だったけな?
ビオディナミ農法で栽培された樹齢の高いティンタ・デ・トロを使用しているとか。
青年のエチケットが示す通り、豊かでジューシーな味わいがした、気がします。


gm_chiba_0115p003.jpggm_chiba_0115p004.jpg
ミックスサラダ790
マッシュルームたっぷりで。


gm_chiba_0115p005.jpggm_chiba_0115p006.jpg
カマンベールチーズのアヒージョ(小皿)¥670とオイスターのアヒージョ¥830であります。
いやー、ここのアヒージョ美味しいですねぇ。ワインがグイグイ進みます、これぞスペイン料理でありますな。
特にオイスターのアヒージョは粒もたくさん入っており、お得感を感じました。


gm_chiba_0115p007.jpggm_chiba_0115p009.jpg
タコのフリットとパン・コン・トマテ¥450であります。
タパスであります。こちらもワインとよく合いますな。


gm_chiba_0115p008.jpggm_chiba_0115p010.jpg
蝦夷鹿のグリルとイカスミのパエリヤであります。
シーズンという事で、ジビエもありましたのでいただきました。
焼きも盛り付けもセンス良いですね、ソースも鹿に良く馴染んでおり満足感の高いグリルであります。
そして、お約束のイカ墨パエリヤですな。
こちらも良い出汁が出ており、なかなかのもの。しかし途中で満腹になってしまいました。

さて、本日のお会計は¥13000くらいだったかな?。
料理は総じて満足度が高く、ワインも品揃えが豊富で値付けも悪くないので、ぜひまた訪問したい気分になれました。
しかし難が無いわけではなく、一つはお決まりのタバコが吸えてしまう環境であること。浦安ってロケーションがそうさせるのか、喫煙率は高いかもしれません。ワインに拘るなら、是非禁煙にして欲しいところ。
もう一つは、たまたまかもしれませんが、ちと煩い客層が多かった事ですね。
隣のテーブルに来た客は2連続、40代以上のオヂ様と若い女性のコンパちっくな団体でして。盛り上がるのは結構なのですが若い娘に対する下ネタ&自慢話の連続で、聞きたくないのに聞こえてしまいかなり不快でした。女性もヒキ気味、、、まー外野から見てるから冷静に見れるんでしょうけどね。私も気を付けないとなー、と。
お試しアレ。


場所:
千葉県浦安市当代島1-3-10
行き方:
東西線浦安駅から徒歩4分
時間:
ランチ: 11:00am-3:00pm
ディナー: 6:00pm-11:00pm
バー: 11:00pm~5:00am(木・金・土)
    11:00pm~03:00am(日・月・水)
定休日: 火
Tel :
+81 47 355 6209
HP:
スペインバル&レストラン ラ ピカーダ デ トレス


ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中!!クリックして応援して下さ〜い!!
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。