FC2ブログ

専業・駐夫の憂鬱

シンガポール、行徳での主夫生活を経て、今度はサクラメントで駐夫。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリ退治の決定版発見!

メリー・クリスマース!
せっかくのクリスマスなので、いつもと違う記事をプレゼントしようかと。
最近すっかりグルメ・ブログ化してしまいましたが、けっこうコレ系の記事は今でもアクセス数が多く、皆様苦労されているのではないかと予想しております。

まー我が家では一段落していた蟻達だったのですが、今年の夏過ぎからまた勢力を取り戻しつつありまして、しかもどーやら、ウチの中のどっかに巣をこさえているんじゃないかという気配が。
日々悩まされるほど大量発生はしておりませんが、油断をするとすぐに列を成す始末。ああ、またストレスフルな感じであります。
以前使用していた罠は試してみたのですが、どーにも芳しくない様子。
前回から3年立っていることだし、新兵器を探して出会ったのがこの商品であります。


Terro-Pco 確かFairPrice でS$7かS$8 くらいでした。
今までの商品と何が違うって、そりゃ"液体" って事でありますよ、奥さん。
我が家に発生するアリは凄く小さくて、錠剤系の蟻殺しは全く効かないのであります。
3年前も錠剤を水に溶かしたりして、工夫したものです。

ants_007.jpg
Terro-Pco 様ははじめから液状、何も考えずアリの多発発生地点に液を垂らすべし。
とても楽ちんであります。ああ、子供とかペットが居る方はちと注意が必要かも。
これがまた、小さなアリに凄まじく効果がありました。
液体にアリが集る集る。仕掛けたのは流しの下だったんですけど、1日後に様子を見たら写真でここに載せるのを躊躇うレベルのアリの遺体がびっしりと。こりゃーすげー。
皆様も完全勝利を実感できることでしょう。

ants_008.jpg
上記の写真はウチの外で試した時の。違うアリでも効くかな〜、と調子に乗って試してみました。アリにはいい迷惑でありましょう。
しかし、見事にTerro-Pco 様に集って蟻リングとなっているのがお分かりになるかと思います。凄い吸引力であります。
Terro-Pco 様、本当にオススメです。アリに苛まれている方、是非お試し下さい。そして感想を是非お寄せ下さいね。効くアリ、効かないアリの情報が集まれば嬉しいですね。

以上、駐夫からのクリスマス・プレゼント記事でした。

スポンサーサイト

今回はダニに殲滅してもらいましょう!!

壁蝨 ダニ だに

正直ダニなのか判りませんが、現在の今度に入居してからず〜っと以下のようなムシが壁を這っておりました。
放っておくと少し大きくなります。指で潰そうとすると生意気にも軽快なフットワークで避けたりしてムカつきます。


日々見かける度に潰しておったのですが、2011年末のことでした、一気に大量発生した姿を目撃しまして(夜間接照明の上付近に、大量に小ダニが広がっていた)殲滅を誓ったのであります。

彼等を観察していると、どうやら主な生息地は壁であり、埃っぽいところに多く生息しているようでありました。
ならば、ということで掃除の基本、拭き掃除を実施することにしました。
準備する道具は以下の通り。Wet タイプのクイックル・ワイパーみたいなもの。柄の長い物がよろしいでしょう。
mite_002.jpg

こいつで壁を拭いて上げるのであります。軽いので思いの外楽な作業でありました。
これだけでも効果はありましたよ。数週間ダニとの遭遇が少なくなったと感じました。しかし、またある日を境に出現するので、また拭いたりとイタチごっこを演じる去年末でありました。
mite_003.jpg

壁拭きは効果的ですが、決定打とはならなかった、、、ようですがよく考えると拭いてない場所でまた繁殖しているだけだろうと考え、家全体の壁から天井まで1日で拭き上げることを決心いたしました。
可能な限り家具も移動しての作業、これはかなり重労働となります。天井は思った以上に広いことを発見しました。
mite_004.jpg

隙間もしっかり拭きます。
mite_005.jpg

天井って結構汚れているようですね。軽く拭いただけでも黒ずんできます。
mite_006.jpg

結果的には半日かけて全ての部屋の壁と天井を、隙間無く拭き上げることでダニは出現することがなくなりました。
これを施工したのが2011年12月末でして、現在2012年8月になっても極々たまにしか壁ダニと遭遇することは無くなりましたとさ。
半年に1度は全部拭いておくか、、、と思っていたのですが2度目はまだ行っておりません。1年に1度は拭いた方がいいんだろうな、、、と思う今日この頃です。
床は日々掃除しても、壁はあまり掃除しませんからねぇ。虫が好むのも当然と言えば当然なのでしょうね。

Fight the ants. アリを殲滅せよ!!

蟻 アリあり

アリ。シンガポールの生活において、避けて通る事の出来ない苦労の1つです。
どんなに綺麗なコンドに住んでいても、奴らも残念ながらもれなく付いてきます。
テーブルやゴミ箱に奴ら好みの餌を置いていようものなら、すぐに黒山になってしまいます。奴らの行動は驚くほど早く、殺しに向かうとすぐに身を隠してしまう知能の高さも感じます。
これは、そんなアリと一介の主夫との戦いの記録であります。

ants_001.jpg
私の住んでいるコンドは新しかったお陰か、入居当初はアリに悩まされることもありませんでした。
しかし、その1年後には油断しまくっている私に残酷な現実を教えてくれました。
奴らは一気に押し寄せてきます。我が家での標的は主に「水」でした。

ants_003.jpg
とりあえず、安くて数の多い"Conbat ant mini" って商品を購入。
リビングとキッチンにばらまく。
しかし奴らは全く無視ですな。1度たりともこの装置に入っていくアリの姿を見ることはありませんでした。
効くアリの種類が違うのでしょうか?

ants_002.jpg
シンガポールの奥様ブログで確認で評判の良いとされる、"Ars Ankilall" を購入。名前からして、Ant Kill All すごく効きそう。ちなみに日本の商品名だと、アリコロリです。
満を持してAnkilall を投入。。。
をを、流石故国日本の力。奴等は運んでいく姿が確認できます。これで1週間もすればアリは巣ごと全滅ですな。
と、安心していたのですが奴等がAnkilall に興味を示したのは初日だけでした。何だか知りませんが、巣まで持って行かず途中で捨てている形跡も多々確認されます。くそ〜、罠を見破られてしまったようです。
打つ手も無いので、藁にもすがる気持ちでAnkilall を水に溶かして置いておきました。ウチに生息する奴等は水が大好きなのです。ををを、奴等がかなり寄ってきて罠の水をすすっております。これは人間様の知恵の勝利か!?
とご機嫌に1週間を過ごしたものの、奴等が居なくなることはありませんでした。またも黒星であります。

ants_005.jpg
最終手段であります。ゼリータイプの罠しかありません。
ウチのアリたちは小さく、水分が好きなのでこれなら寄り付いてくれるのではないか?昔日本で使用したことがあったので、存在は知っているのですが如何せんシンガポールで見つけることが出来ませんでした。親に送ってもらうか?しかしこういう薬品って郵送できるのかな?色々考えているとタイミング良く妻が日本出張になったので、Must Buy リストに記入しておきました。購入されてきた商品は「アース・スーパー・アリの巣コロリ」「アリの巣を根こそぎ撃退!」スーパーでは無い「アリの巣コロリ」で1度黒星を喫している私としては一抹の不安を禁じ得ませんが、奴等への復讐の日は近いです。

ants_004.jpg
復讐の日は来たり。
奴等が最近味を覚えた、朝キッチンのゴミ箱に捨てられるヤクルト。そこへ列をなす奴等の経路に新兵器スーパー・アリの巣コロリを投入です。をををを、狙い通り食いついてくれております。写真だと見難いのですが、ちゃんと入っております。これで長い戦いに終止符が打たれれば良いのですが。。。

現在、投入1週間でこの記事を書いておりますが奴等は消えました。投入2日後から姿を見なくなっておりましたが、念入りに様子見をしておりました。奴等は巣ごと全滅した模様ですな。勝利です。
この、「スーパー・アリの巣コロリ」私の知る限りではシンガポールで売っているのを見たこと無いんですよね。アリは今後復活しないとは考えられないので、今後の課題はこの商品の安定購入ができるかに掛かってくるのですが。。。誰か存じないでしょうか?もしくは、明治屋さん仕入れて下さいよ。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。