FC2ブログ

専業・駐夫の憂鬱

シンガポール、行徳での主夫生活を経て、今度はサクラメントで駐夫。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Conversion of Foreign Driving Licence

日本の運転免許証からシンガポールの運転免許証への切り替え体験

シンガポールで自動車を運転するには、当然運転免許証が必要となります。
日本の運転免許証を所有している方は入国後12ヶ月までは、日本大使館で英訳を貰っておけば運転可能。
しかし12ヶ月を超えて滞在する場合は、シンガポールの運転免許証への切り替えをしなくてはならんのです。
で、切り替えには「BTT (Basic Theory Test)」という学科試験に合格する必要があるんですね。
昔はそんなテスト無くても、手続きだけで切り替えれたみたいですけどね。
※詳しくは、Singapore Safety Driving Center をご参照下さい。日本語説明がちゃんとあります。

妻は7月に来星しているので、そろそろ勉強しないとね。と話はじめたのは4月くらい。
とはいえ、面倒臭くて中々勉強しないですよね。
追い込むために試験を予約をしよう!となったのが5月初め。
しかし、いざこちらから予約可能日を確認すると、1ヶ月くらい先まで予約できません。
結局予約を取れたのが6月中頃ですよ。妻はギリギリな上、試験に必ず合格しなくてはならなくなりました。
試験に対するモチベーションが上がりますねぇ(笑)

試験勉強は主にこのAppを使用しました。
Iphoneに入れて、ヒマがあれば問題をひたすら解くと。
合格ラインは45/50以上と結構シビアなんですよ。問題のレベルは日本の仮免許取得と変わらないので簡単なのですが、結局私のような日本人には英語がネックでしょうか。知らない単語を覚えておくことが試験勉強の中心となりました。

いざ試験日。
前日にゴルフに行ってて勉強できなかったとか、言い訳がましい状態をつくりWoodlandsの試験会場まで向かう。
このWoodlandsっていうロケーションも非常に悪いですよね。再び訪れる気分が全くおこりません。
実は前日にTheory Trial Test っていう模擬試験を申し込んでおきました。
本番の試験と同じような環境、機材、問題で慣れておけば合格は堅いものになるはずです。
これはオススメできます。問題を日本語に切り替える機能もあるし、実際にBTTと同じ問題が多数練習できました。価格もS$10.7なので、最後の保険として受けておけばまずBTT不合格は無いでしょう。
事前勉強は不安が一杯でしたが、TTTで自信をつけることができ、その勢いでBTTは夫婦で無事合格することができました。
ちなみに私48/50、妻49/50 負けました。。。

気分良く切り替え手続きに移るわけですが、ここで最後に問題がありました。
申請手続きは必要書類を記載し、窓口の整理券を取り順番を待つのですが何故だか窓口が1つしか空いておりません。待ってる人はかなり大勢。窓口は5,6くらいあるのに、1つしか空いてないという。。。嫌な予感しかしません。しかも何故か窓口では大半の人が係員ともめているように見え、1人1人捌かれるのが遅いです。
結局1時間半待ちました。しかも我々もしっかり窓口で揉めました(笑)
原因は3つありまして、1つ目は「整理券は1人1枚取らないと駄目だ、だから1人分しか事務処理をしない。もう一人はまた整理券を取って並び直せ。」と。おい!また1時間半並べってのかい!と散散散々ごねまくって何とか2人分処理して貰いました。
2つ目は、私のFin番号。今まで気にもしていませんでしたが、私のFin番号は頭文字が"F"で、妻は"G"なんですね。そこを突っ込まれました「何でお前の頭文字は"F"なのか。」と。知るか!って感じですね。結論から言うと、私は 1991〜1996 にシンガポールに滞在していた経験がありまして、どうやらその時のFin番号が再びふられているようです。なので、書類の「シンガポールに初めて来た年月」って欄はDec1991ってのが正解だったんですね。
3つ目は、支払いについて。申請料が1人S$50なのですが、支払いはNETSかCashCardのみなんですね。そこまではHPにも書かれていますね。そこで、CashCardで支払いをするのですがサインでは駄目でPINを求められます。私の手落ちですが、PIN忘れてました。サインじゃ駄目?って聞いてもやはり駄目。現金も駄目。結局普段使わないので忘れてましたが、NETSを使用して難を逃れました。危なかったです。

何度も冷や冷やしつつ、何とか1度のWoodlands訪問で免許証取得にこぎつけました。
ちなみに丁度ヒト月後に、ちゃんと免許証は郵送されてきましたよ。5年間有効です。
dricense.jpg

これからBTT受ける予定の方は、是非私と同じイライラを感じることが無ければと切に思います。

☆BTT教訓☆
1.試験の予約はお早めに
2.Theory Trial Test ( TTT ) を受けておこう
3.夫婦であっても受付整理券は1人1枚とっておく
4.CashCardのPINを確認しておく
5.事務処理の遅さに腹を立てない



スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。